ホルモン補充療法はホルモンのバランスが乱れる更年期に行う治療

女性ホルモンを2種類補充

医者

年をとることで女性の体では、2種類の女性ホルモンのバランスが悪くなってきます。それにより健康面や美容面でのトラブルが起こりやすくなるのですが、それを軽減させるためにおこなわれているのが、ホルモン補充療法です。受けることでトラブルを回避することもできますし、一層女性らしい体にしていくこともできます。

View Detail

女性の魅力を高める治療

女性

ホルモン補充療法により、女性の体内では女性ホルモンの働きが活発になり、女性としての魅力が高まっていきます。具体的にはボディラインがなめらかになったり、肌が柔らかくなったりするのです。アンチエイジング効果もあるため、若く美しい体の維持のために、多くの女性が美容整形外科でホルモン補充療法を受けています。

View Detail

更年期を乗り切るために

婦人

女性は更年期における卵巣の機能低下に伴い、女性ホルモンの低下に体がついて行けずに更年期障害の症状が起きることがあります。更年期障害の症状は、婦人科でホルモン補充療法を受けることで軽減されます。更年期障害に悩んだときは深刻に考えず、まずは気軽に病院を受診してみると良いでしょう。

View Detail

ホルモンを整える方法

女の人

効率的にホルモンを増やす

ホルモン補充療法は、更年期に乱れたホルモンバランスを整えることができる治療です。自分でホルモン系のサプリメントを飲むと、逆にホルモンバランスが乱れて体調が悪くなることがあります。しかし、ホルモン補充療法では、医師の指導のもとで服用することができます。事前に「ホルモンドック」をして不足しているホルモンや不足量をチェックし、それを分析して必要な分だけホルモンを補っていきます。そのため、安全かつ効率的にホルモンを増やすことができます。ホルモン補充療法では、エストロゲンやプロゲステロンを注射、内服薬、外用薬などによって補います。ホルモン補充療法は主にほてりや発汗などの軽度の更年期障害の改善に効果的です。

生活習慣の注意点

ホルモンバランスの乱れの原因は、加齢以外では普段の生活習慣に潜んでいることが多いです。睡眠不足は成長ホルモンの低下につながることはよく知られています。それは睡眠中に成長ホルモンが分泌が活性化されるためです。成長ホルモンを増やすには、ただ寝るのではなく、深く良質な睡眠をとることが大切です。運動不足の人は筋肉が低下し、血液や酸素が体内に不足している状態です。それが続くと冷え症になり、冷え性はエストロゲンの低下につながります。日中適度に体を動かすことは、質の良い睡眠にもつながります。そうすると間接的に成長ホルモンが増えます。また、運動はストレスの発散にもなるので、エストロゲンの低下を防ぐことができます。